流れ | クレジットカードのショッピング枠の現金化の便利さ

流れ

カードでの支払いを行う場合の、お金の流れは非常に単純である。

クレジットカード加盟店舗で商品をカードでの支払いで購入した場合、その購入した商品の代金は利用者に変わってクレジットカード会社からカード加盟店へと支払われ、加盟店は手数料をカード会社へと支払う。次に、利用者の銀行口座などよりカード会社が立て替えている商品の購入代金が引き落とされるのである。

これが最も基本的な流れとなり、カードでの支払い手法が分割やリボルビングと言う場合には手数料も発生する。この手数料が、カード会社の利益となるのである。

加盟店もカード会社へと手数料を支払う必要があるが、現在では数多くのお店でカードでの支払いが可能となっている。手数料を支払う事で商品の利益は低くなってしまうものの、商品が高額になると現金での支払いも利用者にとってはリスクが高い。しかし、カードでの支払いでは現金を持ち歩くという必要がなくなるため、普及しているのである。